【唖然】フライパンの取っ手が取れるほど彼氏を叩いた。動かなくなったのでそのまま実家に帰る→2日後に戻ってきてみたらとんでもない光景が広がっていた

190
旦那と結婚する前に付き合ってた人がDV男だった。

外面がよく、見えないところを狙って殴るけるをする人だった。

いつも赤で囲ったところの内側しか殴ったりけったりしなくて

夏になると腕と太ももと足の赤で囲ったところは避けて

胸から下の赤く囲ったところだけを狙うという念の入れよう。

最初は逃げ出そうとしてたんだと思うんだけど、なんかもう気力がなくなって

DV期とハネムーン期を繰り返してた。

でもある日背中を思いっきり蹴られてその日から1週間くらい血尿が止まらなくて

ヤバいんじゃないかと思ったら我慢できなくなった。

ある日、元彼が眠ってる時に卵焼きを焼くフライパンで、

フライパンの柄が取れるまで殴り続けた。

怖かったから足の先で元彼の頭をちょんちょんと蹴ったけど、

頭がグラングランするだけで声をかけても返事がなかったので、

警察に捕まる前に両親に会っておこうと思って実家に帰った。

実家で2日ほどぶらぶらしてたんだけど、

何かあったんだと親は思ったんだと思うけど、

嫌なことがあったらいつでも帰っておいでと言われただけで、何も聞かれなかった。

なんかこのまま逃げても逃げきれないし、親にも迷惑かけちゃうなと思ったから

自首しようと思ってマンションに帰ると彼の荷物が無くなってて

「お前とは別れる。絶対に俺を探すな」

って書いた紙がダイニングのテーブルの上に置いてあった。

 

↓↓次のページへ続く↓↓