隣に住む幼馴染の事を好きになり、窓から部屋を覗いたらとんでもない格好になっていた!俺「3日で15回も…」

まず幼馴染の詳細を。

 

名前は沙織としておきます。

 

年は俺と同じ年。

 

顔はかなり可愛い方でデビュー当時の鈴木亜美に似てた。

 

実際モテていて、俺の友達が告白したり、

 

沙織は中学の時軟式テニス部だったが、

 

対外試合で沙織を見た他校の奴が、

 

わざわざ中学まで来て告白した事も有ったくらい。

 

みんな玉砕していたらしいが。

 

モテる要素はかなり有ったが、

 
性格がおとなしくて仲ののいい女としか話さなかった。
 

沙織は1人っ子で、親の居ない時は1人で寂しく過ごしていて、

 

それが性格に反映されたのかも。

 

スタイルも幼児体型で、年齢より幼く見えていた印象があった。

 

まあ大人しくて目立たないけど、可愛くて隠れファンが多そうな子だった。

 

そういう俺も密かに沙織に片想いしていた。

 

でも、関係を壊すのが怖くて告白は出来なかった。

 

1回中3の1学期の中間試験の時に2人で勉強会をして、

 

いい雰囲気になったけど進展せず。

 

俺は勉強に集中出来なくなって成績が結構落ちた。

 
期末試験も沙織から勉強会の誘いがあったけど断ってしまい、
 

以降2人きりで居れる時がなくなってしまった。

 

それでも沙織に一番近い異性が自分だと思って、

 

それで当時は満足していた。

 

さて、ここから覗きの話です。

 

中3の11月、道路に面した窓の雨戸を閉めようと思ったら、

 

向かいの沙織の部屋が見えた。

 

道路を挟んでいるので約10メートル位の間はあるが、

 

俺は目が良かったので肉眼で中の様子が見れた。

 

沙織にバレたら困るので、自分の部屋の電気を消してじっくり観察した。

 
↓ 次のページへ ↓