弟+その友達の、皮被ったモノを私の自慢の手技でしてあげた→その関係を2年ぐらい続けた結果とんでもない展開に…

私が中2の頃のことです。

 

あの時、弟は小6で、

 

私は男の人の体、

 

特に身近にいた弟のアレにすごく興味を持っていました。

 

弟はいつもお風呂上りに、

 

リビングを通り、

 

アレがぶらんぶらんて感じで揺れているのが見えるんです。

 

父親のとは、かなりちがうなぁと思ってました。

 

父親のアレは、

 

なんか毛むくじゃらで、

 
真っ黒けで、きもいと思ってました。
 

学校でプールの時間に、

 

クラスの男子が教室で着替えているところを

 

ちらっとだけ見たことがあって、

 

それとそんなに変わらないなぁって、

 

思っていました。

 

夏休みになって、

 

家族で海に行った時、

 

民宿のお風呂に二人でいっしょに入りました。

 

私の目は弟のアレの釘付けでした。

 

すごくしわくちゃで、ちっちゃかったのに、

 

お湯につかって弟が立ちあがると、

 

かなり大きくなっていて、

 

上下に揺れていました。

 

私はすご~く興味があって

 

「ちょっとまってよー」と言って、

 

弟のをしっかり見せてもらいました。

 

弟は「じろじろみるなよー」

 

と照れくさそうでしたが、

 

私が「さわってもイイ?」と言って撫でてるうちに、

 
みるみる大きくなって、
 

ピンピンになりました。

 

「すごいねー」というと、

 

「もういいだろー」と手で押さえながら、

 

顔をまっ赤にしてお湯から上がってしまいました。

 

私はもう興味深々という感じで、

 

もっと見てみたいと思いました。

 

弟がシャンプーをはじめたので、

 

そ~っと後ろから近づき、

 

わきの下から覗き込むようにして、

 
↓ 次のページへ ↓