物語

女「えーと…男さんですね?」

男「はい、男です。宜しくお願いします。」

女「私はこの会社の社長兼チーフデザイナーをやらせて貰っている女と言います。宜しくお願いします。」

男「はい。」

女 ...

物語

後輩女「おはようございます」

男「おはよう」カタカタ

後輩女「男先輩、今日も早いですね」

男「いつも通りだよ」カタカタ

後輩女「今日もよろしくお願いします」

男「はいよろしく ...

物語

男「……現実逃避でございますか」 

お嬢さん「そうです。お金や時間、才能や人間関係、何でもいいのです」 

お嬢さん「それら気の疲れる現実から、さらっと逃避などしませんか」 

男「そりゃあ出来たら楽だ ...

物語

男「なあ。俺、ずっと気になってることがあるんだけどさ」

男友「おう」

男「パスタとスパゲッティの違いってなんなの?」

男友「は?」

男「いや、だからさ、パスタとスパゲッティてさ、別物なの ...

物語

男「…え、なにもう一回言って」

妹「だから、私はサンタからあなたへのプレゼントなの」

男「…夢?」

妹「頬っぺたつねってみなさいよ」

男「…痛い」

妹「そういうことです」

感動, 物語

確か昨日だった。俺はあいつと会った。引っ越してきたらしい。
俺は声をかけた。

男「お?久しぶりじゃん。幼馴染だよな?」

幼馴染「…」

おかしい。違和感の原因を突き止めるのはそう難しくなかった ...

物語

ガラガラ 

男「あ、あれ?……え?ご、ごめんなさい……?」 

金髪女「……さっさと入ってよ、冷めるでしょ」 

男「えーっとごめんなさい……入ってたんですね、時間とかで分けたりとか」 

男 ...

物語

この世には格安物件というものがある。

そういった物には大抵曰く付きなものがおおい。

殺人や自殺があった部屋だったり

特に理由はないが構造上不便があったり

お化けが出るとか・・・

物語

【憧れの1人暮らしで隣人に恋した】

去年の正月1通の年賀状が来た。

その年賀状には可愛い文字でこう書かれていた。

「明けましておめでとうございます。来年悟くんと結婚します。」

この年賀状 ...

物語

目覚まし時計のアラームは融通がきかない。 

日によって気を利かせて鳴らなかったりするならもっと仲良くなれると思うのだが、

今のところそんなことは一度きりしかなかった。 

ちなみに原因は電池切れ。彼と ...