裁判官が泣いた『介護殺人事件』母を殺めた息子の現在があまりにも悲惨過ぎる…

地裁が泣いた2006年2月1日「介護殺人事件」

覚えている人も多いと思います。2006年京都府でに起きた介護殺人事件。

この事件が起きたのは2006年2月1日。

この一家は両親と息子1人の3人家族でした。

1995年に、父親が病気で亡くなり2人暮らしとなり、父親の死後、母親が認知症を発症。

症状は徐々に悪化し警察に保護されることも度々。

仕事場にも休職をお願いし介護にあたりました。しかし収入がなくなり生活保護の申請をしたのですが「休職」が理由で認められず・・・

母親の症状もさらに悪化し、長男は仕事も退職することに。

いよいよ収入が厳しくなった長男は再び生活保護に相談するも今度は「失業保険」が理由で認められず・・・