物語

俺は長距離だったんだが、

 

長距離やってる人が女の先輩で1人しか居なかった。

 

それがN先輩だった。

 

N先輩はショートカットの長澤まさみという感じ。

 

笑顔がとても素敵な先輩で、

物語

私が中2の頃のことです。

 

あの時、弟は小6で、

 

私は男の人の体、

 

特に身近にいた弟のアレにすごく興味を持っていました。

 

弟はいつもお風呂上りに、

 

リビングを通り、

物語

まず幼馴染の詳細を。

 

名前は沙織としておきます。

 

年は俺と同じ年。

 

顔はかなり可愛い方でデビュー当時の鈴木亜美に似てた。

 

実際モテていて、俺の友達が告白したり、

 

沙 ...

物語

■吉墨町/バス亭 雨の日 

男(バス遅いな… ん、何か落ちてる サイフか? ラッk、いやいや) 
 (んー女物か? 金は~二千チョイ円、 
 (身分証は…運転免許、原付か かわいい子だな  
 (氏 ...

物語

ギィ…

    男「へぇ、こんなとこにこんな店が…」

    女店主「いらっしゃい」

    男「あ、ども」

    女店主「…」

    男(若いなー、バイトかな?)

物語

話長いので、暇潰しに読んでもらえれば。

 

時系列は少しフェイク入れてます。あとかなり最低男なんで、悪しからず。

 

俺は治雄、会社員28歳

 

彼女葉子、会社員23歳

 

秋介、自営28歳(自 ...

物語

彼女との出会いは大学時代で、

 

同じサークルに所属してたこともあって、

 

何度か一緒に飲む機会に恵まれ、

 

その勢いで体を重ねたことがあった。

 

片手で数えるのには足りないくらいの回数は ...

物語

女「男子ってバカねぇ……」 

男「いや、いきなりしみじみと何言い出すんだよ」 

女「あら、いたの?」 

男(しまった、ついつっこんでしまった) 

男「そんな薄いかなぁ……俺」 

物語

男「あ、あのー……」 

女「あん?」 

男「な、何故この部室に……?」 

女「……なんか文句あんのかよ」 

男「い、いえ、滅相もございません」 

女「……チッ」 

物語

嬢「ボク、ボクは居るか? ボクちゃ~ん?」 

執「お呼びでございますか?」 

嬢「うむ。」 

執「恐れながら申し上げます。」 

嬢「申せ。」 

執「お嬢様、言葉を目で聞くよう ...